おすすめアニメ

【オススメアニメ】夢を追う全ての人に勧めたい「宇宙よりも遠い場所」

こんににちは。たか兄です。

今回紹介するのは、2018冬に放送されたアニメ「宇宙よりも遠い場所」、通称「よりもい」です。

女子高生が南極を目指すという青春アニメで、ファンの間でも「神アニメ」として名高い作品です。

そんなよりもいの魅力を、今回は語っていきたいと思います。

それでは、いきましょう!

たか兄
たか兄
近年の青春アニメの中でも珠玉の一品。

あらすじ

引用元:©よりもい・マッドハウス/「宇宙よりも遠い場所」製作委員会
大ヒットを記録したアニメ「ノーゲーム・ノーライフ」シリーズほか、
アーティスティックな作品から極上のエンターテインメントまで、
様々なジャンルでとびきりの才能を発揮するクリエイター
《いしづかあつこ》とTVアニメ「ラブライブ!」シリーズを始め、
オリジナルから原作ものまで、
魔法をかけたかのようなときめきを創り出すストーリーテラー
《花田十輝》のミラクルコンビが贈る
女子高生南極青春グラフィティ!

そこは、宇宙よりも遠い場所──。

何かを始めたいと思いながら、
中々一歩を踏み出すことのできないまま
高校2年生になってしまった少女・玉木マリたまき・まりことキマリは、
とあることをきっかけに
南極を目指す少女・小淵沢報瀬こぶちざわ・しらせと出会う。
高校生が南極になんて行けるわけがないと言われても、
絶対にあきらめようとしない報瀬の姿に心を動かされたキマリは、
報瀬と共に南極を目指すことを誓うのだが……。TVアニメ「宇宙よりも遠い場所」公式サイト

4人の女子高生がとある出来事をきっかけに、一緒に南極を目指して冒険をするというオリジナルアニメ。

スタッフ陣の豪華さが、まず目に止まりますね。

脚本の花田さんは、数々の著名なアニメで脚本やシリーズ構成を担当されてきた、超が付くほどの有名人。

「ノーゲーム・ノーライフ」「ラブライブシリーズ」「日常」「響け!ユーフォニアム」「やがて君になる」など。

評価の高いアニメを次々と生み出してきた稀代の脚本家です。

そんな花田さんがシリーズ構成・脚本を担当するとあって、放送前からかなり期待はされていましたが、期待を超える面白さで一気に話題となりました。

「南極を目指す」というアニメの枠を超えたスケール。

自分を変えるために勇気を出して踏み出す少女の姿。

面白いというより、観た人の心に何かを残してくれる作品だと僕は思っています。

そんな「よりもい」の魅力を未熟ながら、いくつか語っていきたいと思います。

踏み出す勇気

引用元:©よりもい・マッドハウス/「宇宙よりも遠い場所」製作委員会

主人公のキマリは何かを始めたいと思いながら、なかなか普通の日常から抜け出せない高校生。

あるあるですよね。

期待に胸を膨らませて「あれもしたい、これもしたい」という気持ちで高校に入学するものの、その志を忘れて、気づいたら怠惰な日常を送っている、なーんてこと。

今ある「日常」を壊すというのは簡単にできることではありません。

ありふれた日常や当たり前がなくなったら、簡単には元には戻れませんし、今いる場所にずっといた方が人間は圧倒的に楽です。

しかし、キマリは本気で自分を変えようと決意し、そんなときに南極を目指す同じ高校生・小淵沢報瀬と出会います。

自分を本気で変えようと決意して、失敗を恐れずに、すぐに行動できる人間が果たして何人いるのか…

キマリは僕たちに「踏み出す勇気」を持つことの大切さを教えてくれます。

夢を叶えるまでの苦労

引用元:©よりもい・マッドハウス/「宇宙よりも遠い場所」製作委員会

青春アニメでは、夢を叶えることが一つのゴールとして描かれる流れが鉄板です。

もちろん、簡単に夢がかなうことはあり得ません。

たくさんの苦労をしてたくさんの努力をして…

そんな夢を叶えるまでの過程もしっかり描かれています。

普通の女子校生が南極に行くのは不可能で、どんなにお金を積んだところで、おいそれと行ける場所ではありません。

始めから大きな壁にぶち当たるキマリとしらせ。

さらには南極に行くことが決まっても、南極に行くまでが非常に大変。

タイトルの基にもなっている宇宙飛行士・毛利衛さんの言葉「宇宙には数分でたどり着けるが、昭和基地には何日もかかる。宇宙よりも遠いですね」にもある通り、南極は宇宙に行くよりも長い日数を必要とします。

しかも、道中荒波に見舞われてとんでもなく船が揺れたり、南極で生活するための体力を養うためのトレーニングをしたり、雑務をこなしたり…

本当に大丈夫なのか、南極まで無事にたどり着けつけるのか、たどり着いたとしてもやっていけるのか…という不安との戦い。

「夢を追う」ということはそれだけ苦労や不安も付きまとうモノ。

夢を叶えるためにはそれ相応の苦しみもあるというところまで、丁寧に描いているのも「よりもい」の魅力。

過去との決別

引用元:©よりもい・マッドハウス/「宇宙よりも遠い場所」製作委員会

夢を追う上でしがらみとなるのが「自分の過去」

過去の失敗や経験が「昔はああだったから、今もああなるに違いない」と自分を枠にはめ、夢を追う足かせになってしまうこともしばしば。

そんな「忘れたい過去」が、南極を目指す女子高生にもあります。

それを持っているうちの一人が三宅日向。

日向は高校の陸上部で先輩を差し置くほどの実力者で、それが原因で先輩から疎まれるように。

ここまでは良くある話ですよね。

しかし日向は、味方だったはずの同級生にも裏切られて四面楚歌になり、高校退学まで追い込まれてしまいます。

そしてコンビニでバイトをしていたところ、新しくキマリがバイトとして入ってきて、そこで南極を目指すグループに加入することになります。

信頼していた友達に裏切られ、高校を退学するまでに追い込まれる、なんてことは余程のことです。

しかし忘れたい過去を乗り越えた先に、新しい景色が見えるのもまた事実。

日向が過去と決別する伝説のシーンが11話に…?

友情

引用元:©よりもい・マッドハウス/「宇宙よりも遠い場所」製作委員会

自分の背中を押してくれる存在、苦しい時に支え合うことができる存在も、夢を叶えるための力になってくれます。

南極を目指す女子高生4人組、白木マリ、小淵沢報瀬、三宅日向、白石結月。

苦楽を共にする4人の友情も非常に美しいものがあります。

誰かが困ったら手を差し伸べ、痛みを分け合い、踏み出すための勇気を与える。

ただ南極に一緒に行くだけの4人グループではありません。

確かな友情がそこにはあります。

麻雀が強いしらせ

引用元:©よりもい・マッドハウス/「宇宙よりも遠い場所」製作委員会

ネタですが、しらせは麻雀がとにかく強い。

2回ほど船員と麻雀を打つシーンがあるのですが、その両方で、かなり高い役をアガっています。

1回目は「メンホンダブ南ドラ3」で1万6千点。

2回目は「リー即純チャン三色ドラ4」で2万4千点。

つよつよです。四麻でこの打点はなかなか出せません。(笑)

しかも純チャンとか三色とか、なかなか出る役じゃないですし、しらせは麻雀の才能がかなりあることが分かります。(笑)

自分のアガリ手を淡々と述べるのも、可愛くて面白いです。(笑)

「宇宙よりも遠い場所」を観るには?

「宇宙よりも遠い場所」は

dアニメストア
Netflix
U-NEXT

で観ることができます!

まとめ:珠玉の青春アニメ

引用元:©よりもい・マッドハウス/「宇宙よりも遠い場所」製作委員会

「よりもい」は青春のあらゆる要素が詰まった作品です。

夢を追うことの大切さも、夢を追うまでの苦しさも、過去の失敗も、踏み出す勇気も。

いろんなことを、このアニメから学ぶことができると思います。

青春時代に忘れ物をした大人にこそ観てほしい。

まだ観たことがないという人は、ぜひ珠玉の青春アニメを堪能してみてください。

それでは!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です